まにまにです

西加奈子さんの小説が好きです
西さんの小説には、とっても発達障害ぽい人たちがたくさん出てきます。

そんな風に言ってしまえば、そういえば世の中の小説だったり、マンガだったりには
教科書通りの発達障害者みたいな人たちであふれていますね
発達障害者はやっぱりへんてこで面白いんですね、よくキャラ立ちします
(素人が勝手にこの人発達障害だなあんて軽々しく言うのはあまり好まれないことみたい
なので、控えなければいけないのかな)

でも、多くのそんな発達障害者的な人たちはすごく魅力的に描かれていたりして、
ちょっと夢物語にも感じてしまったり

西さんの描く発達障害者たちはもうちょっとリアル
主人公がそうである場合はやっぱりそこはかとない魅力にあふれていますが、
脇役、脇脇役がそうであったりする場合は、かなり発達障害者の残念さが丁寧に描かれていたりして、
普通の方々だとあまり好感持てないのかもしれません

西さんという人は、なんだかこんな残念な私たちのこと
とても繊細に隅々までを感じ取ってくれて
愛おしく思ってくれているように感じて
甘やかされた気持ちになってしまいます
西さんの次は少し厳しめな人のを読んでバランスとります

残念な発達障害者さんはたいてい最後の方で少し見せ場があって
「ほら、この人実はこんなにいい人だったんだよ」
ではなくって、
残念さはそのままちゃんとどっぷり残念なまま
「でもほら、結構いいとこもあるでしょ*」って感じの見せ場です
その感じをとても好きと思います

そう、私たちは
いろいろとっても残念なとこだらけで、そして、結構いいところがあるのです うふ

さて、まにまにです

まにまに1

今回借りた本
まにまには小説ではなくってエッセイかな?西さんのこういうの読むのは初めてです
すーごく面白くて毎日腹筋が鍛えられています*

さて、今日はお仕事です
すごーく忍耐力を鍛えてきます(T_T)

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

123*

Author:123*
SADや発達障害と付き合いながら
効率悪く生きています

ワタシとダンナさん
ムスメ2人の4人暮らし

日々のことや
いろいろのてづくりの記録
こころの記録を少しずつ


ミンネバナー4

作品を置かせていただいています

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する