暮らしの記録


発達障害 vs SAD
5年前に診断いただいた、広汎性発達障害
生まれつきの脳の仕様のようなもので、
様々な特徴ががありますが、空気を読めないだとか有名ですね

そして多分、発達障害からの生きづらさの中で
私が2次的に発症してしまったんだと思われるのが社会不安障害(SAD)
これは、対人恐怖症というんでしょうか、
つまりは、空気を無駄に読みすぎて疲れてしまうような病気と感じています

空気を読む能力が欠損している私が、
空気を読みすぎる病気になってしまったので
ややこやしいです

いつも苦手なのに空気を読みまくって
やっぱり読めてなくて疲れ果てています
きっとバカみたいですね、本当はやめたいけれど、やめられないのでSADです

空気読まなくても大丈夫、嫌われても大丈夫、
と本当に思えて、そう出来るようになったら、SADは寛解ですね
でもまだ時間がかかりそう
それまでは、生まれつきの脳の仕様に逆らうように、
不利な分野に挑み続ける勇者です! 違いますか?(*ヮ*;)
とても背が低いバスケットーボール選手みたいに!おぉ、かっこいい・・

先日、旦那さんから、人のことばっかり考えすぎ!
自分のやりたいようにすればいいの!みたいな注意をうけて

ふふ、発達障害者が定型発達の人からなんてアベコベな注意をうけてるんだろうって、
ちょっと楽しく思いました

私の中で発達障害とSADの仁義なき戦いです
【2017/05/16 05:46】 こころ | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<しゃくやく咲きました | ホーム | お仕事日記>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |