暮らしの記録


深夜の二人
高校生になったおねえちゃんと(いつの間に!)
夜な夜な話すことが増えました

おねえちゃんと話す時間は本当に楽しい
おねえちゃんの考えていることをもっとたくさん聞きたい
私と似ているところもあるけれど、
全然違うところも多くて

ニュースなんかを見て、
私が七面倒くさく、こっちの立場で考えれば、はたまたこっちの立場で考えればなどと
こんがらがっていると、
「何言ってんだ!ダメだこんなの、くだらんわ!」
なんてバッサリ切って

とてもおもしろくて
「本当だね~!さすがだな~!かしこいな~」なんてやっている
お腹が痛くなるくらい笑って、楽しくて思わず夜更かしに

あまり普段口数の多くないおねえちゃん
完全な聞き手タイプで、発信するものがないんだと、それを悩んだりしてるけれど
聞き手タイプはとても貴重な人材なんだよ!
と声を大にして言いたい

けれど、やっぱり私自身はおねえちゃんの言葉をたくさん聞きたくて
少しおねえちゃんが饒舌になってくる深夜が楽しい

でも結局、いつの間にか楽しくなった私が夢中で話して
うんうんと聞いてくれてるおねえちゃん。。えーん、自己嫌悪
【2014/12/12 05:02】 おねえちゃん | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<ムスメとカフェ | ホーム | お庭をどうするの>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |