目的はんこ

 やっと出来てきました
 幼稚園用お名前はんこ

 いろいろ関係ないのも
 たくさん彫りながら、
 ちゃんと、目的のものも
 彫り終えました
 (よかった、うう‥)

 まずは、文房具など用に
 シール作り

 なかなか楽しく、
 わらわらと
 出来上がりました

 あとは布の小物や
 お洋服用に、
 布にぺったんと捺して
 タグを作ります
 (早くやりましょう‥)
 

ライオン帳

 ライオンはんこを
 彫りました

 誰がなんと言ってもライオンです
 ちびちゃんは、一目で分かりましたよ
 ライオンだと

 でも上の娘は
 ライオンではない
 タイヤに巻かれた何かだと‥

 タイヤに巻かれるって何でしょう
 タイヤは最初から丸まってるから
 誰も巻かれたりしませんよだ

 

 小さな帳面に
 ぺたぺたと捺して、
 ライオン帳作ってみました

 色をつけたらこんな
 
 とてもかわいくなりました
 (自分で言うしかありません)


 何をやってるんでしょう‥
 入園準備はどうしたの

 こんな風に遊んでいる母を見て
 娘が言いました
 「子どもか」


あ~れ~

 久しぶりにはんこ掘りを始めたら 楽しくなってわらわらと増えています

 な、なにやっているの
 こんなことして遊んでる場合
 なんかじゃ全然ない

 あれ~でも手が止まらない

 大事なことがあるときの、
 どうでもいいことへの
 過集中

 ダメダメ、いけません、
 そうじゃなくて入園準備‥

こぶたぱん

 カレーパンを焼いた時に
 なんとなく、残りの生地で
 作ってみたこぶたぱんが

 なんだか妙にかわいかった

 ちびちゃんが喜びました

 「よし」が出るまで
 待機の手‥ふふ 

 また今度、
 いろんな動物ぱんも
 作ってみたい

悲しい瞬間

旦那さんと2人で行動しているとき、
お友達と2人で行動しているとき、
そんなときにやってくる悲しい瞬間があります

2人で誰か初対面の人と接するというようなとき
例えばお店の店員さんだとか‥
相手の人は、2人同時に話しかけるってことは難しいから
どちらか1人を「話す相手」に選ぶ場合が多いです

私は実は、最初に「話す相手」に選ばれることは割と多いのです、えへん!(やだけど!)
いえ、、確立は半々だから、仕方がないですね、「選ばれたくない」と思う気持ちが強いから、
余計に多く感じてしまうのかもしれません

「選ばれた」と感じると、私は必死です
一生懸命、普通の人のふりをして、話を聞きます
相槌をうちます
笑顔で柔らかい雰囲気、今まで見たことのある普通の人たちの会話の雰囲気を
とにかく思い出し、必死にそれを演じます

けれど、その瞬間は必ずやってきます
「話す相手」をチェンジされる瞬間
視線が‥私に向くことが多かった視線が、次第にもう1人のほうへ移動し、
私のことは見なくなる
なぜだろう~!(魂の叫び)
ばれてしまったんだ、と感じる瞬間
なにがいけなかったのか、どこがおかしかったのか、
鼻くそでもついていたのか、、
考えても分かりません


きっとそれが分かるならチェンジされたりしない
とても悲しく、心に小さなとげがひとつ刺さります

小さなとげが心にたくさん刺さっていて、
身動きできなくなっていきます

たまねぎはんこ

 久しぶりに消しゴムはんこ
 はんこ用のお道具箱を
 1年ぶりくらいに開けました

 ちびちゃんの入園準備の
 お名前付け、
 やっぱりはんこにしようと
 思ったのです

 以前に作っておいたものも
 あるんですが→
 じっと見つめ
 やっぱりなんだかしっくりこない
 それに苗字も彫らなきゃ

 そんなわけで
 さっそく‥

 なぜかたまねぎはんこ‥^^;
 
 1年ぶり以上なので
 相当、腕がなまってるに違いないと
 練習用にいくつか
 彫ってみることにしました
 落書きしたたまねぎが
 かわいかったので、まず第一号

 線はだいぶ荒いところもあるけど、
 かなり、かわいい‥(!)
 気に入って、封筒にこんな風に‥
 う、かわいい‥
 た、楽しい‥
 あれ、何してるんだっけ‥(*ヮ*;) 

ハートのクッキー

 いつものクッキー
 チーズ入りの甘さ控えめ
 シンプルなクッキーです

 子どもたちが大好きと
 言ってくれるので
 調子に乗って
 しょっちゅう作ります

 幸せのハート型で
 
 同じ形がいっぱい
 そんなのが好きな私です

わたしの分身

ある日、ちびちゃんと、デパートの遊び場で遊んでいました

うちのちびちゃんより少し小さい女の子、
2歳ちょっとくらいかな、かわいらしい子が後からやってきて‥
ちびちゃんがものすごく、相手の子の存在を意識していることが見て取れました
普通の子たちよりも何倍も、周囲の人のことを意識してしまうみたい

見ているとぷっと吹き出してしまう うふふ
なんだか急にテンションが上がり、明らかに行動がおかしいです
挙動不審、ひとりで勝手に照れまくってたり、走り回ったり、
全身でその子と、その子のお母さんのことを意識してる
けれど、自分でその子やお母さんに何かアプローチしたりってことは出来ない
その子やお母さんの前で、自分の出来る技を次から次へ披露してる
でんぐり返しを上手にしてみせる
いろんな歌を、普段よりクオリティー高く、完璧に歌い上げてみせてる 笑
そうすることで、そのお母さんが、「わあ、すごいね、上手~」なんて、
声をかけ、かかわってきてくれる
そんな風にしか、コミュニケーションのとり方を知らないんだって思った

2歳の女の子は、いろいろ楽しい技を見せてくれるちびちゃんに
興味津々になり、一生懸命にアプローチする
そこにあった、大きな柔らかいブロックみたいなのをよいしょと持って、
ちびちゃんに「はい、どうぞ」とプレゼント‥
ちびちゃんは、一瞬フリーズ
どうすればよいのか分からず、次の瞬間、はっともう1つ近くにあったブロックをひろい、
同じように「はい、どうぞ」と渡し返す ∑(*ヮ*;)
女の子はびっくりするけど、手に持ってたブロックを下に捨てて、ちびちゃんの差し出した
ブロックを受け取り、「あいがと(ありがと)」と言って嬉しそうにお母さんのもとに‥
そんなやり取りを見ながら、なんだか涙が出そうでした

女の子は、とても正常な精神の発達をしているように思えました
ちびちゃんのほうが、年齢は上で、出来ることも全部まさっているけど、
精神面、コミュニケーション技術という点で、とても幼いんだと感じました
年下のその女の子のほうが、ちびちゃんを包み込んで、合わせてくれてる
そんな風に見えるのです
そんな風にしかコミュニケーションのとり方が分からないちびちゃん
きっと正しいかかわり方を知っている子たちが包み込んでくれて、合わせてくれる
そうすることでコミュニッケーションは一見とれて、
当面困ることがないかもしれない

一部の能力の高さとは不釣り合いな拙いコミュニケーション技術、
ぎゅっと抱きしめたくなります
小さな体で
今は何も知らない
誰にも気づかれないないような小さなおかしさを抱えてる

いつかやってくる高い壁
それに備えて何をしてあげたらいいんだろう
考えてみても分からない
私にしか気づけないんじゃないかって感じるちびちゃんのおかしな部分
でも本当は私が一番分かってないのかもしれない

みんなが言うように、ちびちゃんは全然大丈夫、何もおかしくなんかない、そうなんだろうか
ちびちゃんはとてもかわいい、とてもおもしろくて‥
だけど、あんまり私に似すぎていて、不安になり、
涙が出そうになる、かわいそうと感じてしまう
私は全体像を分かることが苦手、きっと見えていないことがたくさんある
偏った見方をしてる

基本的なことも出来ない私が、何か出来るのか
私こそが情緒の発達が未熟で、考えが浅くて、バランスが悪い精神を持った人間のに、
この子にいいかかわりをしてあげることなんか出来るのか
そんなことを考えてまた迷路の中

かわいい落書き(3歳と1ヶ月)

 お絵かきするのが
 とても好きになって
 よく描いています

 だいぶ、形あるものが
 描けるようになって、
 楽しい

 ←てんとうむし
 かわいい

 ↓どらえもん
 なかなか似てる

 このごろの口癖を少し

 ○「もう~、かあちゃんてば、
  ドージなんだから~」
 ○「ま、いっか」
 ○「かあちゃん、おちついて!」
 ○「うん、どう。」
  ↑「どう?」と聞くと‥
 ○「おねが~い」
 ○「鼻くそ食べる~?」
  鼻に突っ込んだ指をさしだす
  (こらっ)

おひるごぱん

 バターロール、
 成形が苦手で
 ずっとつかめないでいます

 でも少しずつ、
 うまくなってきたかな
 まだ全然かな
 もっと
 ぷっくりかわいらしく
 巻けるようになりたい

 娘がテスト週間だった
 お昼に焼きました

自分じゃなくて

やっと気づいたことがあります
いろんな簡単なことになかなか気づけない私
普通の人たちの何倍も時間をかけて、ゆっくりゆっくり分かっていく

人とのかかわりの中で、
どうしても自分が心地よく楽でいられることばかりに
気が行ってしまう私
いつもそうでないことに、つらい、つらいと感じてしまう
誰かほかの人によって
そういうことをもたらされたいってこと

そうじゃなくて
私が誰かにしてあげたい、そんな気持ちが足りないってこと
簡単なことなのに分からなかった

本で読んだこともあって
人付き合いが苦手な人は
自分のことを考えるパーセンテージが高いってこと
知っていたんだけど、分かってなかった
分かったつもりでいたけど、ちゃんと分かってなかった
ふいにそのことが分かった気がしました
プロフィール

123*

Author:123*
SADや発達障害と付き合いながら
効率悪く生きています

ワタシとダンナさん
ムスメ2人の4人暮らし

日々のことや
いろいろのてづくりの記録
こころの記録を少しずつ


ミンネバナー4

作品を置かせていただいています

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する