あんぱん

 久しぶりのあんぱんです

 少し前に特価でつぶあんを買ってあったのに
 なかなか作らないので
 上の娘に急かされていました

 生地には今回、めずらしく
 卵を入れました
 いつもよりやっぱりふわっと
 柔らかく仕上がったように感じました

 焼きたては格別においしいです
 上の娘は本当に嬉しそうにもりもり
 食べてくれたので、私もとても嬉しかった

 ちびちゃんは苦手でした
 あんこがダメなので、ぱん生地だけを
 全部はがして食べました^^;

待ち遠しい

ここ数日、少しうきうきとした気持ちでいます

とてもいいブログを見つけて

同じ病気の方のブログですが、リアルタイムに日記のようにつける形式ではなく、
経験してきた過去のことを思い出しながら
少しずつ、物語のように綴られています

素朴でかわいらしい人柄がにじむ文章が気に入っています
内容は苦しいものですが、一緒になってつらくて涙が出たり、
最近では少しずつうきうきする展開になってきて、
その嬉しさに、また涙が出てしまったり、
ふふ‥入り込みすぎ^^;
そんな熱中しやすいところがあります

内容に引き込まれ、更新されるのが楽しみな日々です

連載の小説を読むような気持ちです
病気から、脱出できるのかな、ドキドキ

本当に少しずつ小出しにされるので
ああ、早く先が知りたいです‥もう、いけずだなぁ

調子に乗ってた

このところ、母と話すことが多くありました

自分の気持ち、思いをたくさん伝えることができ、
これまでの思いを全部受け入れてもらえて、
本当の私を知ってもらえたような気がして
とても嬉しい気持ちになりました

ですが、やっぱり何かを忘れていて
私は調子に乗っていました

優しく、大事に接してもらい、
自分が少し偉い人間になったと勘違いしてしまったのかなぁ

本当の自分を知ってもらえたように思ったけれど
本当の自分はどんな自分だろうと分からなくなり‥

母が今まで見て、感じてきた私
それがやっぱりまぎれもない私なのに
バカでわがままで考えなしで思いやりがなくて
そんなのが自分なのに
どんな自分になれたと思ってしまったんだか

やっぱり私は絶望してるくらいが調度いい

ヨーヨーのれん

 上のムスメの部屋ののれん代わりに
 ヨーヨーキルトをつないで
 さげています
 ずっと試しの仮止め状態のまま

 のれんなので、横を繋がず
 縦だけとめました
 ちょっと強度が心配なのと、
 ねじれて前を向いてくれないのがあったりで
 少し悩んでいます

 今年の春前くらいにちくちくつくっていた
 ぬくもり系のヨーヨーキルトたちです
 
 とてもかわいい
 にんまりしてしまいます

気持ちを聞くということ

ごく小さい時から、人の悪口を聞くことが下手でした
小さい頃は、それは悪いことではないと思っていました

ですが、大きくなるにつれ、大人になるにつれ、何かが違うと感じるようになりました
人との付き合いをするうえで、悪口は避けて通れないものだと感じました
いつも悪口との付き合い方につまづく自分がいました

自分は、悪口が嫌いだから聞きたくないのかな
人間ならときには悪口の1つくらい出てくるものだし、
さらっと言えて、さっぱりしている、
それくらいの方がバランスがいいとも感じました
実際、私は、悪口を言っている人を嫌いだと思うわけではなかったし、
友達が悪口を言ったら
否定ばかりしてしまう自分は何か間違っている、
それを受け止めてあげることも出来ないといけないと思うようになりました
でも、大人になった今も、悪口をうまく聞くことがなかなか出来ません

悪口を聞くのが下手というのは、複数人でその話を聞くときに思い知らされます
自分以外の人たちはみな、すぐにその話に共感することが出来ます
詳細を聞くこともなく、
「わかる、わかる!」「それ、ひどいね!」「そういう人、いるよね!」というふうです
みなが、その反応をすると感じます
違う意見の人がいないか探しますが、あまり出会うことがありません
私だけが取り残されてしまいます

私はいつも、共感することが出来ません
悪口を言われた人の、行動の、悪さが分からないことが多いのです
全員が否定している行動の悪さを認識することが出来ない
私もその行動をしてしまうだろうし、悪口を言われるに違いない人間です
その悪口が終わるまで、私はとても居心地の悪い思いになります
悪口を言われている人に感情移入してしまうこともとても多いです
確かに、その行動はちょっとまずいな、とは思ったとしても、
そんなことを堂々としてしまうその人って面白いと思ってしまう
何かほかに事情があったのではないか、そちら側の意見も聞いてみたい、
といった具合です
一生懸命その人のために弁解のようなものまで探してしまったり、
はっきりとした事実関係が分かるまでは、感想の述べようがないとも感じます

そのことについて、以前に母と話をしたことがありました
その時に母に言われてはっとしたことがありました
「みなは、話し手の気持ちを聞いている」ということでした
私と話をすると、2人で話しているのに、途中でどこか遠くに行ってしまったように感じる
とも言われました

目からウロコが落ちたように思いました
そうか、みんなは話でなく気持ちを聞いてあげているんだ

私の場合はきっと、話の内容だけに集中してしまうのかな、
一番近くにいる話し手の心に寄り添うことが出来ないんだ
どういうことだろう、この部分はどうなんだろう、いつも詳細を知りたいと
感じてしまいます
一方だけの意見ではなく、相手側からの意見も聞きたいと考えてしまいます

そんな私とは違い、ほかの人たちが、ほんの少し話を聞いただけで、
どんどんと共感的な言葉を出せることに驚き、圧倒されてしまいます
詳しい内容も分からずに、安易にそんな反応が出来ることに不信感を抱いたりもしていました

ですが、そうではなくて、気持ちを聞くということ

気持ちを聞くということにとって、事実がどうだったかは
それほど重要なことではないのかもしれない
そのことに初めて思い当たりました

私は話の途中でどこかにいなくなってしまう‥
話し手の心から離れて、私はどこへ行ってしまうのか
話の内容‥物語の中に入り込んでしまうのかな、
いえ、ではなく、自分のことばっかりをまた考え出してしまうってことなのかな
話し手の気持ちどころか、相手の方に感情が入ってしまうなんてもってのほかですね、
話をする人にとって、なんて居心地悪く、むなしい思いをさせる聞き手だったでしょう
どうしてそうなってしまのか
まだ考えきれてないことも多く、ここまでです

気持ちを聞くということ、そのことを初めて知ることが出来、
自分が話をする時も、そうしてもらっていたことに気がつきました
そうしてもらうことで、救われていた自分のことを思い出しました
そんなことを自然に知っていたみんなのすごさも感じます
そんなことを今まで知らない自分の未熟さも思い知らされます
私にはそれができるようになるかな、
そうしたらみんなにもう少し近づけるのかな、

新年

あけましておめでとうございます

いつの間にやら年が明けてしまいました。。

昨年、12月は、ちびちゃんが風邪をひいてしまい、
家族も次々とダウンしてしまいました
とてもつらく、しつこい風邪でした
自分の決断の出来なさ、いろいろのことの出来なさ、
頭の悪い自分のせいで風邪を長引かせてしまっている
この風邪は一生治らないかもしれないと絶望的な感じがしていました

でも風邪は治って、ちびちゃんの熱が下がり、元気な顔になったとき、
本当にうれしかった、よかった‥大げさですね 笑
家族もみなだいたい回復しましたが、
ふと 
自分自身のことで気になることが、脳裏をかすめ
頭からはなれず、考えることをやめられず、
ほかの事が手につかず‥
そんな風でなんだかぐちゃぐちゃと過ぎてしまった年末となりました

年賀状‥手がつけられず今年は出せませんでした

年賀状を、私なんかが出し続けていていいのかが分からなくなったのです
なかなか複雑に混乱しきった脳内でしょうか‥(*ヮ*;)
優しく、繊細な、昔のお友達もいて
出さないことが何らかの負のメッセージのようになってしまったり、
心配をかけてしまったら、とても不本意だし、申し訳ないとも感じてしまいますが、
ただ純粋に私のことを忘れてほしいだけです

ふふ 新年早々、暗いあいさつになってしまいます‥^^;
いつものことですね、
相変わらず問題が山積みな私ですが、
「それで順調」‥べてるの向谷地生良さんの言葉をお借りします
今年も一年、一生懸命うじうじ悩んで生きたいと思います

よろしくお願いします
プロフィール

123*

Author:123*
SADや発達障害と付き合いながら
効率悪く生きています

ワタシとダンナさん
ムスメ2人の4人暮らし

日々のことや
いろいろのてづくりの記録
こころの記録を少しずつ


ミンネバナー4

作品を置かせていただいています

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する