病院へ

自分の病気が年々ひどくなっているような気がしています

8年前、病院へ初めて行き、「病気ですよ」と言われた時、ホッとして涙が出ました
別の病院で、「この病気は一生続くものではない」「お婆さんになれば自然に治る」と言われた時、
そうかもしれないな、そんな考え方だけで、とても心が軽くなりました

ですが、そんな風にいろんな考え方一つでなんとなく自分が変われるように思っても、
現実のその場その場では、何もやっぱり変われない、ということが、痛いほど分かった8年間でした

病院では、特に話をすることもなく、麻酔のような薬をいただくだけでした
緊張を強いられるようなときに飲み、頭をボーっとさせるだけです
そんな風につきあっていくしかないと分かってきていました

新しい病院へ行き、少し‥
また、もう少し前向きに病気と向き合い、治したい気持ちを持ちました
この病気は治るものなのか‥よく分からないけれど
病気な部分は、自分自身とぎっちり絡み合っていて、病気の部分も含めて私を作っているような
病気をなくしたら、私でもなくなってしまうような‥そんなものだと感じます
この病気が「治る」というのは、どんな風にして治るのか、イメージすることも難しいと
長く、、きっと時間のかかる作業だろうと感じます、何十年とか、、
でも新しい病院で、何か前進したいです、何かをもう少しつかめたらいいな、

このままでは、やっぱりとてもつらいのです

新しい病院の先生は、話をとてもたくさん聞いてくれます
何度、受診しても変わらずたくさんの時間を使ってくださり、とても優しい先生
これまでの病院とは違うので、ちょっと期待をしてしまうのです、何かが変われるのかな、、などと
話を聞いてもらい、気持ちを受け止めてもらい、それでどうなるのか‥
わかりません、ただ甘やかしてもらっているだけとも

病院へ行く日、心がとても重く、不安定になると感じます
病院へ行くことが嫌ではなくて、自分の心と向き合うことがとても疲れるんだと思います
でもそれは、とても必要なことと感じています
この病気は、自分の未熟なこころが原因です
頑張って、ゆっくり、静かに、治療を続けたい
アセラズ、クサラズ

試作のきんちゃく

 きんちゃくが1つ出来ました
 こども用のお弁当きんちゃく

 ミシンを出すチャンスはまだなかなかなく、
 途中まででずいぶんほったらかしに‥

 ある日ふと現れたチャンスに、
 アドレナリンを出し、一気に仕上げをしました

 なんだかすごく甘いぷりぷりなきんちゃくに
 なっってしまった∑(*ヮ*;)
 イメージと少し違いました
 こんなものです。。
 
 ムスメの進級のお祝いに‥
 まだ少し早かった

大丈夫

ああしなければ、こうしなければ、と義務に責め立てられ、
どれから手をつけていいのかわからなくなるのが絶望だって

あれをしなければ、これをしなければ、こうでなければいけないワタシ

だけど、そうでなくても大丈夫

あれが出来なくても、大丈夫
これが出来なくても、大丈夫
誰かに嫌われても、大丈夫
人に認めてもらえなくても、大丈夫
迷惑かけてるけど、大丈夫

そのままのワタシでも、大丈夫、
なんとか生きてる
そんな風でいい

ひとつ ひとつ ゆっくり、やれることをやっていく

赤ちゃん日記(1歳と1ヶ月)

1歳1ヶ月となりました
早くて、早くて、記録も滞ってきました‥(汗)

毎日、すごい勢いで成長していくように思えるこのごろです

○ばいばいの時に「ば、ば、」と言葉も出るようになりました
○「は~い」と手を上げて返事をするようになりました‥厳密には「はあ~!」です 笑
○絵本を持ってきては大人に手渡し、おもむろに腰を下ろし、ぱちぱちをし、読めとやっています うふふ
○お風呂の合図が聞こえると、「キャー」とテンション上がり、「ちゃぷちゃぷ」言いながら自分でお風呂場へ向かいます
 お風呂場に着くと、服を脱ごうとあちこち引っ張っては、首がしまったりしています 笑
○悪いことをしては、しゃくれ顔して喜んでいます
○オムツ換えに協力してくれるようになり、とても楽に換えられるようになってきました
○下の前歯の左隣が生えました
○好き嫌いが出てきて、ひじきが嫌いになってきました ぅぅ
○トマトが好きになりました
○牛乳を少しづつ飲めるようになってきました

よりみちコースター

 モチーフを夜な夜な編んでいますが
 なかなか進まないものです‥

 40枚くらいたまってきて気づいたことが‥
 これは‥黒の毛糸が完全に足りないな(!)
 あわてて買出しに行くもシーズン終わりで
 もうないみたいです(泣)

 来年までの予定でのんびりやるつもりでは
 いたんです
 いつも買ってた黒の毛糸、もうないのかな、
 次の秋になったら出るかしら、
 もう廃盤だったりしないかな

 そんな不安の中、コタツカバーはやめた‥
 結局、もう少し小さな何かになりそうです(*ヮ*;)
 完成したらまたご紹介したい‥*

 小さい何かには、少しモチーフを編みすぎたので、あまった分でコースターを何枚か‥
 パッとお花が咲いたみたいにかわいい‥*
 お気に入りとなりました
 こんなおまけ作業ばっかり先にやりたくなってしまう、よくない癖と感じます、、

おやつの時間

 毎日のおやつの時間がとても好き
 みんな好きだと思うけど 笑

 女3代、ハハとワタシとムスメで
 あれこれとバカなことを言い合って
 とても楽しい(赤ちゃんはお昼寝中‥*)
 大好きな時間となっています

 天然なハハとムスメの間で、
 つっこみ役も楽しかったけど
 (テンポが悪いけど‥)

 だいぶ大きくなったムスメがつっこみ役に
 なってくれてから、またもっと楽しい 笑
 のびのびとボケをやると
 ムスメに甘えてるみたい うふふ
 ボケたい人は甘えんぼさんですね

 3人でおなかが痛くなるくらい笑い転げて、いろいろ悩みなんかも忘れてしまうよう
 
 画像はいつかのおやつに焼いた平焼きのあんぱんです
 ムスメが学校から帰るころに焼き上げて‥
 ムスメが帰ってドアを開けるや否や「もしかしてあんぱん焼いた?*」と‥なんと鼻の利くこと‥笑
 ふっくらとてもおいしく幸せな時間となりました*
 ハハとワタシ、かわりばんこにおやつ準備には力が入る今日このごろ

何をやってるの

本人に変わってほしいと思うんではなく
家族が変わること

今の患者自身の、そのままをかっぽり受け入れるということ
そのままでいい、そのままを愛する

私たちが変わって、本人がほのぼのといられる環境をつくってあげること


出来るだろうか
とても難しく

今はまったく出来てない
やるのは自分を守ることばっか
何をやってるのかな

伝えたいのは

ズケズケと変なこと言ってしまったり、気遣いが出来ない無神経だったり、
いい加減であせらせてしまったり、
わがままで乱暴な振舞いだったりが、あなたの真面目な心を惑わせ迷わせてしまうけど、

いろいろ傷つけてばかりで

支えになれないけれど


伝えたいのは


ワタシたちは敵じゃないということ

それだけ、伝えられたらな


トマト風味ごぼうぱん

 赤ちゃんの離乳食用のストック
 ごぼうをやわらかく煮込んだのと
 玉ねぎとトマトを炒め合わせたトマトソース
 
冷凍してゴロゴロストックしてあったのが
 だいぶ古くなっていました
 あまり好きな味でないようで
 ついつい使えず‥

 なのでそれを全部ぱん生地に練り込んで
 作ってみました
 おいしかった*

 甘いトマトソースの風味、ごぼうの風味が
 両方あって、よく合いました
 好きなごまをたっぷりまぶしました
 ムスメはちょっと苦手なようでした う残念‥
プロフィール

123*

Author:123*
SADや発達障害と付き合いながら
効率悪く生きています

ワタシとダンナさん
ムスメ2人の4人暮らし

日々のことや
いろいろのてづくりの記録
こころの記録を少しずつ


ミンネバナー4

作品を置かせていただいています

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する